上下の前歯の歯ぐきが全体に腫れています。むし歯はありません。原因は何でしょうか?治療方法は? - 小児歯科 前橋市の歯医者

青柳歯科クリニック

Q&A

上下の前歯の歯ぐきが全体に腫れています。むし歯はありません。原因は何でしょうか?治療方法は?

13_8

思春期になるとホルモンのアンバランスによって、歯ぐきがはれる思春期性歯肉炎というものがあります。
さらに、不十分な歯みがきにより、歯垢や歯石がたまって、歯垢中の細菌の内毒素により歯肉に炎症が起き、血管の拡張などにより赤く腫れてきます。

治療方針は、まず、その原因となる歯垢を、歯みがきによって取り除くことです。
また、歯ぐきのマッサージをすることです。
その際の効果的な歯みがきの方法は、歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に45°の角度にあてて、細かく(5㎜程度)前後に動かす、バス法といわれる方法をおすすめします。
そして、柔らかめの歯ブラシを使用して、ていねいに弱い力でみがくことです。
また歯石は、歯科医院で定期的にとってもらうことが大切です。
食生活は、規則正しく、だらだら食べないようにしましょう。

市販のデンタルリンスで、歯垢の形成をおさえる作用をもつものもあり、それでうがいをするのも効果的で、口の中を清潔に保つことが大切です。
また、柔らかい食べ物だけをとらず、歯ごたえのある食品を良くかんでとることをおすすめします。

さらに歯科医院を受診し、その歯肉炎の程度がどのくらいのものなのかを診てもらって、定期的な検査を受けることが大切です。

この記事を共有する

子供の歯医者嫌いを解消したい方へ

前橋市,前橋駅の歯医者

土曜も18時半まで受付 開業20年以上の実績 前橋駅北口よりバス15分 喜びの声掲載中 駐車場あり

【小児歯科】中学生までは保険診療は無料