大人の歯がないと言われていましたが、乳歯がぐらぐらで抜かなければならなくなりました。今後は歯のない部分はどうしたらいいでしょうか? - 小児歯科 前橋市の歯医者

青柳歯科クリニック

Q&A

大人の歯がないと言われていましたが、乳歯がぐらぐらで抜かなければならなくなりました。今後は歯のない部分はどうしたらいいでしょうか?

8_11

永久歯が先天的に欠如していることが早めにわかっていれば、なるべく乳歯をむし歯にしないようにし、できる限り残しておきます。

また、歯ならびがでこぼこになるようなケースでは、逆に早めに乳歯を抜いてそのすき間が自然に閉じてくるようにして、その後矯正治療をすることもあります。

骨の成長が終わる年齢になれば、インプラント、ブリッジなどの選択肢があります。
成長期であれば、欠損部分に入れ歯を使用したり、矯正でかみ合わせを作ったりします。
定期的に歯科医院を受診し、経過をみてもらってください。

この記事を共有する

子供の歯医者嫌いを解消したい方へ

前橋市,前橋駅の歯医者

土曜も18時半まで受付 開業20年以上の実績 前橋駅北口よりバス15分 喜びの声掲載中 駐車場あり

【小児歯科】中学生までは保険診療は無料