歯の色が黄色い感じがします。磨いてもなかなかとれません。どうしたらよいでしょうか。 - 小児歯科 前橋市の歯医者

青柳歯科クリニック

Q&A

歯の色が黄色い感じがします。磨いてもなかなかとれません。どうしたらよいでしょうか。

9_10

歯の着色には、食べ物、嗜好飲料(お茶、コーヒー、紅茶、コーラ)、歯垢などが原因となって歯の表面に付着する外来性着色、歯の形成期に全身的な病気、あるいは薬剤の影響、歯の構造的な障害などによる内因性の変色、そして加齢(歳をとれば徐々に変色する)、外傷(歯をぶつけて神経が死んでしまった)などがあります。

外来性着色の軽度のものであれば、研磨効果の高い歯磨き剤の使用、研磨剤による研磨によって、容易に改善できます。
外来性着色の重症なものや内因性の変色には、歯を漂白(ホワイトニング)したり、歯の表面を削って人工歯を接着させる方法があります。

まず、かかりつけの歯科医を受診して、何が原因で着色しているかみてもらい、
適切な処置を受けるようにしましょう。

この記事を共有する

子供の歯医者嫌いを解消したい方へ

前橋市,前橋駅の歯医者

土曜も18時半まで受付 開業20年以上の実績 前橋駅北口よりバス15分 喜びの声掲載中 駐車場あり

【小児歯科】中学生までは保険診療は無料